本文へスキップ

法律相談は土日祝日・夜間相談可能な柏木法律事務所(文京区本郷三丁目)


東京都文京区本郷の柏木法律事務所

Q5 送られてきた支払督促や訴状を無視したらどうなるか?

A5 
<送られてきた支払督促を無視した場合>
  
 相手方の言い分をもとにして,強制執行(不動産の差押えや給与・預金等の差押え)を受ける可能性があります。
 適切な異議申立を行った場合は,通常訴訟に移行し,裁判所から「口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状」と題する書面が届きます。

<送られてきた訴状を無視した場合>
 
 相手方の言い分を認める判決がだされ,強制執行(不動産の差押えや給与・預金等の差押え)を受ける可能性があります。
 なお,控訴等の手続をとらずに判決が確定した場合,後に同じ事件について争うことは非常に困難となります。

上記のように,送られてきた支払督促や訴状を無視してしまった場合,その後,重大な不利益を受ける可能性がありますので,対応について弁護士に相談されることをおすすめします。